Gengoの顔: Meryem

今回紹介するMeryemは、英語〜フランス語(カナダ)の言語ペアを担当するシニアトランスレーターです。フランス系カナダ人の母とトルコ人の父を両親にもち、伝統的なモントリオールスタイルの家で育ちました。トルコ語を知らずに育ったために、大人になってからトルコ語を学びにイスタンブールに移りました。Meryemは現在、世界中を旅しながら、大好きな執筆、写真、翻訳をしています。

何ヵ国語を話せますか? どのように学びましたか?

私はモントリオールで生まれ、マルチリンガルの家庭で育ちました。フランス語はフランス系カナダ人の母から、英語はトルコ人の父から習いました。英語とフランス語の語学学校に通っていたので、2つの言語を混じえながら友達と話すことが多くありました。大学でトルコ語の授業を受けましたが、基礎レベル程度までしか上達しなかったので、「このままでは駄目だ」と思い、トルコ語を学ぶため2012年にイスタンブールに移りました。目まぐるしい日々でしたが、トルコ語を上達させるには非常に効果的でした。

翻訳の世界へはどのように? フルタイムで翻訳をしていますか?

私は社会科学 (心理学と社会学) を専攻していたので、言語や文化には昔から興味がありました。また私自身、2ヵ国のバックグラウンドを持っているので、つねにこの領域の知識を深めたいと思っていました。図書館に何年も勤めていたこともあり、大学院に進む道を決め、専攻も迷わず決まりました。翻訳の修士を取得し、それ以来、この分野で仕事をしています。ただ、執筆と写真にも時間を使いたいので、フルタイムでは翻訳をしていません。この3つを両立することが自分に合っているようです。

1番やりがいがあった翻訳、そしてチャレンジングだったものは?

海外に住んでいる人にとって、母国を恋しく思うことは多くあります。私も、春ごろ一時的にホームシックになりました。そのときに、モントリオールの街路を特集したドイツ雑誌の記事を翻訳する機会があり、イスタンブールにいながら、モントリオールに関する記事を翻訳できたことに興奮しました。

「世界のギャップを翻訳という橋でつなげる」ということが、私のトランスレーターとしての喜びです。また、このような記事を翻訳することで、母国とつながりを持てることでホームシックを和らげることもできました。

faces_meryem_workspace_2

どんなオフィスで翻訳されていますか?オフィスから見える風景は?

きっちりしたオフィスはありません。世界中を旅しているために、どこに行く時も「仕事」を持っていきます。今年だけでも、イスタンブール、リスボン、ベルリン、トビリシで仕事をする機会がありました。またトルコ国内では、ネムルト山の麓、古都マルディン、ボドルム近郊の小さな洞窟、アマスヤの谷、アランヤのそびえたつ中世の要塞などで仕事をしました。今も、モントリオール近くのイースタンタウンシップで、紫色のミソハギが、背の高いマツ、アスペン、シラカバを背景に、ゆれている風景を眺めながら、この質問に答えています。

faces_meryem_workspace

おすすめの本や映画はありますか?

ケベックは、カナダで唯一、フランス語のみを公用語にしている州です。また北米で、フランス語人口が大半を占める唯一の地域でもあります。豊かで活発な文化を持ち、とりわけ映画界には、グザヴィエ ドラン、ドゥニ アルカン、ジャン=マルク ヴァレ、ドゥニ コテ、ルイーズ アルシャンボール、ステファン ラフルール、フィリップ ファラルドー、ドゥニ ヴィルヌーヴ、クロエ ロビショウなどなど、優秀で国際的に活躍している映画監督が多くいます。この中から作品を選ぶのは難しいですね…

仕事中につまむお気に入りの「トランスレータースナック」は何ですか?

仕事中にスナックを食べることはありませんが、水分補給はするようにしています。お気に入りは、美味しいコーヒー、緑茶、ソーダ水…

生産性を向上するためのおすすめツールは?仕事のフローはどのような感じですか?

静かで気も散らない午前中が一番はかどります。フランス語(カナダ)や英語(カナダ)の用語には、TermiumとLe grand dictionnaire terminologiqueが、翻訳の仕事をする誰にとっても価値があるツールです。Termiumは、Canadian Style、Le dictionnaire des cooccurrences、Le guide du rédacteurなどが含まれた、良いライティングツールでもあります。例文をさっと見るだけなら、Linguee もおすすめです。

最後に、他のGengoトランスレーターたちにアドバイスをお願いしますストレスをためず翻訳するために何をしていますか?

深呼吸です。そして、翻訳をする前にまずは原文を良く理解すること。はじめの 1文が一番難しいということもありますが、そのうちに慣れてきます。ためらわず、他の人に意見を聞いて、指摘を真摯に受け入れることもいいでしょう。読み返して、読み返して、読み返して… 翻訳し続けること!

 

Gengoのトランスレーターになりませんか?

カテゴリー /

Charlie Rosas

The author

Charlie Rosas

Charlie grew up in the quiet suburbs of Northern Virginia. Four languages, eight countries and a transcontinental move later, he is currently working with the marketing team at Gengo. In his free time, he can be found trying out different restaurants, reading the latest tech and world news and cruising to Russian pop down the highway.


サブスクライブする

Gengoや翻訳に関する最新情報をメールでお届けします。




トランスレーターリソース
トランスレーターリソース

Gengoで翻訳するために必要な知識やスキルについて学ぶ。

コミュニティフォーラム
コミュニティフォーラム